チャネリングと占いで当たるのはどっち?

チャネリング

チャネリング-占い-当たる

チャネリングと占いはどっちが当たるのか、というご質問をいただくことがあります。ここではこの点について、チャネリングがどういうものなのか、また占いはどういうものなのか、ということについてお伝えさせていただきます。

チャネリングとは

チャネリングとは、英語にするとchannelingとなり、チャンネル(周波数)を合わせることを意味します。一般的にスピリチュアル世界で使われるチャネリングの場合は、高次元の存在につながって、情報を受け取ることを言います。

チャネリングにはいくつか方法があります。大きく分けてふたつあり、ひとつがダイレクトチャネリングと言います。このチャネリングはチャネラーが意識を無くした状態になり、ガイドがチャネラーの身体に入って書いたり喋ったりして情報を伝達します。アンコンシャスチャネリング(無意識化でのチャネリング)とも言われます。

そしてもうひとつをインダイレクトチャネリングと言います。こちらの場合は、チャネラーは意識を保ったままで、ガイドと会話をするようにして、情報を受け取ります。コンシャスチャネリング(意識下でのチャネリング)とも言われます。

受取かたに違いはありますが、共通するのは自分とは別の意識体につながって、必要とした情報を受け取るということです。

占いとは

チャネリング-占い-当たる

占いとは、なんらかの方法で未来や過去に起こったことなどを読み取ることです。例えば、占星術や四柱推命などの占いによって、相手の情報を調べて現状を読み取るのも、リーディングに含まれます。リーディングとは、英語にするとreadingとなり、何らかの方法を使って、事象を読み解いていくものです。

ただし、占いと言ってもタロットやペンデュラムなどの道具を使って情報を受け取る場合、多くが何らかの存在と繋がって情報を得ていたりもします。そのためにチャネリング的要素が高いと言えます。ただ、この時にガイドにつながろうとする意志がなかった場合は、厳密にはチャネリングではなく、リーディングに分類した方がいいでしょう。

チャネリングか占いかを見分けるには、ガイドに繋がって情報を受け取ろうとする意図があるかどうかが分かれ道になるでしょう。

ヒーリングの時に相手のエネルギーの状態や情報を読みとるのも、リーディングの一種になります。ルミナヒーリングで相手の状態を感じ取るセンシングもこれにあたります。レイキの病腺霊示法もリーディングだと言えます。

他にもガイドと繋がって情報を受け取り、その後自分の意志で情報を読み解いていく場合などは、リーディングだと言えます。

どっちが当たる?

チャネリング-占い-当たる

チャネリングと占いのどちらか当たるか、という点については性質が違うので、チャネリングと占いのどちらが当たる、優れているという事はありません。むしろどちらも状況に応じて使い分ける、ということが必要だと考えることができます。まずは、自分が今、どんな運気の中にいて、考えたり行動したりする時に、何に注意したらいいか、と言うことを知るといいでしょう。

四柱推命や占星術などのデータから算出するものでは、一般公開されているもののなかでも非常に精度が高く、本当によく当たるものがあります。まずはそこで自分が今どのような運気の中にいて、どんなことに注意してどう行動するのが良いのかを、知っておくといいでしょう。

占いというと、そんなのは統計学だから、と言ってあまり当てにしない人もいますが、例えば日本なら陰陽道や密教などによって運気を導き出すことがされてきて、それは時の権力者たちも活用しています。逆に、最高権力者には必ずといっていいほど、最高レベルの占い師がついていた、と言ってもいいでしょう。

そしてチャネリングでは、私たちが普段使っている肉体的な五感では受けとることができないような情報を知ることができます。今どうすべきか、どちらを選択するのが良いのかを知ることができますし、未来を見たり、過去を見たりということもできます。

近年スピリチュアルブームで知られるようになったチャネリングには、

しかし、チャネリング能力を磨こうとするなら、占いによるリーディング能力も高める必要があるでしょう。チャネリングで受け取った情報が全てではない場合があるからです。

逆に、ガイドからチャネリングで受け取った情報と、占い・リーディングによって導き出した情報を統合すると、よりアウトプットする情報の精度が高まります。

チャネリングの注意すべき点

チャネリング-占い-当たる

チャネリングで気を付けなければならないのは、高次元の存在のふりをした低次元の存在と繋がることです。基本的には、波動レベルが違う者同士はコミュニケーションをとることができないので、チャネラーは様々な方法で、自分自身の波動レベルを高めて、高次元ガイドと繋がります。

ということは、感情の揺れ動きで自分が波動レベルを落としているときというのは、高次元の存在とはつながりにくい、という事です。そういうときでも瞑想など、何らかの方法で波動レベルを上げることができれば問題ありません。

もし、それが出来ないのでしたら、気持ちが大きく揺れ動いて感情的な時はチャネリングは避けた方がいいでしょう。なぜなら、波動レベルが低い低級霊などと繋がりやすいからです。

チャネリングはオンライン講座で

チャネリングも占いも、まれつきの能力で出来る人と、そうでない人がいます。多くは後者で後からやり方を学んだりしていきます。リーディングは論理的な分析力が必要とされる場合がありますので、これは学習によって高めることができます。

もちろん、チャネリングも後天的に学んで能力を磨いていくことができます。今、世界的に活躍しているチャネラーでも、こうして後天的にメソッドを使ってチャネリング能力を開いています。

私が習得している方法は、古からシャーマンや預言者と呼ばれた人たちが、安全で確実に高次元ガイドから安全にメッセージを受け取る方法です。今ほど文明が発達していなかった頃は、いかに情報を正確に読み取れるかが、まさに生死を分けるような場面もあったでしょう。天候の変化などを間違って読み取ってしますと、作物が取れずに致命的な事態になることもあります。

また、ガイドからの情報は私たちが普段使っている肉体的な感覚ではなく、エネルギー的な感覚を使います。この方法を理解していないと、間違った受け取り方をしてしまったりもするのです。

オンライン講座では、アチューメントによってチャネリングの回路を開いて、情報を確かに受け取るための方法もお伝えしますので、安全で確実なチャネリングのやり方を学ぶことができます。

チャネリング-占い-当たる

 

関連記事