レイキ(霊気・靈氣)でオーラの浄化

レイキ

西洋レイキは、治療に主眼を置いた
伝統霊気とは違ってオーラやチャクラなどの
スピリチュアルな面に特化しています。

霊気を使って
チャクラを活性することもできますし、
オーラを浄化して整えることもできます。

ヒーリングセッションの前後に行うと、
より良い状態で施術が出来て、
ヒーリングの後にも活性しすぎたエネルギー
を穏やかにバランスをとることができます。

私はレイキの時でもルミナの時でも、
ヒーリングの時にはクライアントさんに
必ずオーラ浄化をするようにしています。

さて、それではオーラ浄化のやり方です。

準備

まずは自分自身がヒーリングできる状態に
波動を整えます。

オーラ浄化ではシンボルは使いません。
もし使いたい場合は大光明を
使うといいでしょう。

受け手の方には
楽な姿勢をとっていただきます。

椅子に座っていてもたっていても
問題ありません。

リラックスできる状態にしていただければ
OKです。

オーラ浄化のやり方

オーラ浄化では
シンボル・マントラは必要ありませんが、
もし使うなら大光明がいいでしょう。

相手の方の体から
10センチほど離れたところに手をかざして、
全身を優しくなでるように手を動かして
払います。

方向は頭から足に向けてです。
肩は首から肩に向けて払ってください。

西洋レイキの流派によっては
30から40センチ離すように指導する
ところがありますが、やりやすい距離が
一番でしょう。

霊気が手の平から出ている状態で
こうして全身をなでるように払うことで、
オーラの形が整えられます。

また穴が開いていたりするオーラの不調も
このオーラ浄化によって改善することが
できます。

ヒーリングをすることで、身体の一部だけ
エネルギーが活性しすぎていると、
エネルギー的にバランスが取れません。

ですがオーラ浄化を行うことで
よい状態へ整えることができます。

オーラ浄化、こんな時は。

オーラ浄化をしているときに、
手のひらで違和感を感じることがあります。

その場合は、オーラ浄化を体全体行ったあとで
その部分にヒーリングをしましょう。

セッション終了時にオーラ浄化をすると、
その時には不調な部分がヒーリングされて、
違和感は感じなくなっているでしょう。

特にセッション後のオーラ浄化は
2~3回行うといいでしょう。

一回目では状態が整わずに
違和感を感じたところは数回行うことで
改善されます。

出来れば、オーラ浄化の後、
数分はゆったりした状態のままで
いただいたほうがよいでしょう。

オーラ浄化は、人にするだけでなく、
自分自身にもすることができます。

体調不良というほどではないものの、
何かすっきりしないときはオーラ浄化を
することで、バランスが取れて
すっきりした状態になります。

 

関連記事