観念を手放す

ルミナコラム

私たちには、観念があります。
観念というのは主観と言い換えることも
できます。

あくまで主観であり、真実ではありません。

また
「こうあるべきだ」
「こうでなければならない」
という、いわば決めつけや思い込みも
観念です。

私たちは
この観念によっていろいろな判断を
していたりするのですが、それによって
安全な道を選ぶことができることもありますが、
リミッターをかけてしまうこともあります。

本来はできるのに、
「できない」という思い込みによって
能力を制限したりする場合です。

まだやったことがないことなら、
やってみないと結果がどうなるのかは
分かりません。

ですが、
観念によって制限を作ってしまうのです。

現状維持から外れていまいそうになると、
思考や感情によって、
「これはできない」と考えたり
「したくない」と感じたりするのです。

すると、せっかく新しい何かを始めたのに
うまく行かない方を本能的に選択してしまう
こともあるわけです。

チャネリングのようなスピリチュアルな
メソッドでも同じです。

気持ちは
「できるようになろう」となっているのに
頭のどこかで
「どうせ私にはムリだ」と考えていたり
ということがあります。

すると、
せっかく新しい一歩踏み出そうと
しているのにブレーキがかかって動かない、
使えるはずの能力に制限をかけてしまうのです。

いったん能力が使えるようになった後も、
「私はこのレベルまでで精一杯だ」と制限を
していまうケースも多い訳です。

本当は
素晴らしい資質を兼ね備えているのに。
学生の頃に勉強が苦手だったという記憶によって
それとは関係のない分野のことにも
苦手意識を創って、自分で制限をかけてしまう、
という超もったいないことも
無意識にしてしまいます。

ですが、
あらゆる面でその固定観念が手放されたら
どうなるでしょうか?

あなたは今までにできなかったことが
次々に出来るようになっていくのです。
小さな一歩を進めましょう。

いつしかそれが、
大きな変化、成長となります。

関連記事