霊気で願いが叶う!レイキボックスの作り方&やり方は?

レイキ

レイキ-願い-叶う-レイキボックス

レイキにはいろいろな流派があり、開祖の臼井先生のやり方を、そのまま受け継ぐのは伝統レイキのみです。

伝統レイキは、医療の一環としての考えが強いのですが、海外に伝わって発展した西洋レイキではスピリチュアル面が強くなり、様々な新しいメソッドも生まれました。

チャクラやオーラの概念があるのも、西洋レイキならではです。

西洋レイキのメソッドの中でも、「レイキで願いが叶う」というのは、成功哲学というものが根付いていた、海外ならではのものだと言えるかも、しれません。

レイキで願いを叶えるためのメソッド、それが「レイキボックス」です。

これはひとつの願いだけでも良いのですが、複数でもよいというのが、うれしいところです。

仕事、愛情、お金、人間関係、健康などなど、願いは尽きないものですね。

また、レイキを送りたい人が複数いる場合にも有効です。

レイキボックスを使えば、すべての願いが叶うように、一度にレイキを送ることになります。

レイキボックスのやり方

~1~

大光明、または超空霊を使って、レイキで全身を包みます。

レイキシャワーのようにして、レイキエネルギーを浴びるのもいいでしょう。

~2~

叶えたい願いを紙に書きます。1つの願いにつき、一枚の紙に書きます。相手がいることの場合は、願いと名前を同じ紙に書きましょう。

~3~

願いを書いた紙を金属以外の箱に入れます。これがレイキボックスになります。

箱に入れることで、箱自体にレイキが蓄積されていくからです。

~4~

前期まで伝授された方は、本者是正念、聖壁、超空霊の順にシンボルを書きそれぞれにマントラを3回唱えます。後期まで伝授された方は、大光明だけでも構いません。

~5~

レイキボックスは人目に触れないような、場所にしまっておいてください。

翌日からも1日に1回同じようにして、レイキエネルギーを送ります。

できれば箱に向かってレイキを送るより、蓋を開けて紙に書いた願いを確認して、レイキを送りましょう。

より効果的にしたい場合は、1日の始まりと終わりの2回レイキを送るといいでしょう。

~6~

願いが叶ったら、その紙は箱から取り出して、安全な場所で感謝の気持ちと共に燃やすといいでしょう。

新しい願いができたときは、レイキボックスに新しい紙を、追加していきます。

~注意~

なお、自分のエゴによる願いは好ましくありませんので、止めておきましょう。

このように霊気には伝授を受ければ、その日から使えるメソッドが、とてもたくさんあります。

単にヒーリング、心身の不調の改善だけでなく、願いを叶えたり自己成長をもたらして、人生を変えることもできるのです。

ぜひ、レイキをフルに活用して、今、この一瞬に「最高の幸せ」を作りましょう!

 

 

関連記事